政策レポート

政策レポート 133件表示

2016年2月23日

  現在、衆議院で審議されている「2016年度政府予算案」は、関連して実施される税制改正とともに、いくつかの問題点や課題 [詳細を見る]


2016年1月 8日

1.補正予算案の内容と政策効果   政府は、本年度補正予算案と来年度予算案を策定し、1月4日から始まった今通常国会に提出 [詳細を見る]


2015年12月 4日

1.我が国における放射性廃棄物処理の問題    福島第一原子力発電所の事故を経て、原子力発電に関する国内の意見 [詳細を見る]


2015年11月17日

1.ようやく合意に至ったTPP   2010年3月から始まった環太平洋経済連携協定(TPP協定)の交渉は、本年から最終的 [詳細を見る]


2015年10月21日

  10月19日に発表された中国の7-9月期のGDPは6.9%の上昇にとどまり、6年半ぶりに7%を切りました。中国経済は [詳細を見る]


2015年9月 9日

1.農協改革の可能性   8月28日、参議院本会議で、「農業協同組合法等の一部を改正する等の法律案」が可決・成立しました [詳細を見る]


2015年8月 7日

  民主党の「共生社会創造本部」は、「共生社会の構築」に向けた政策作りのために、順次、有識者などからヒアリングを続けてい [詳細を見る]


2015年7月16日

  政府は6月に「平成26年度ものづくり基盤技術の振興施策」(「ものづくり白書」)を閣議決定し、国会に報告しました。「も [詳細を見る]


2015年3月19日

  今日、格差問題・貧困問題が大きく取り上げられています。すでに、この問題に関し、本ホームページにおいてトマ・ピケティー [詳細を見る]


2015年2月12日

  参議院は、2月6日に開催した本会議において、イスラム過激派組織ISIL(イスラム国)による二人の日本人に対するテロ行 [詳細を見る]


2015年1月28日

  1月14日に2015年度の政府予算案が閣議決定されました。予算案は1月26日開会した通常国会に提出され、2014年度 [詳細を見る]


2014年12月 8日

1.我が国の格差拡大の問題  今日、我が国において、「格差拡大の問題」が大きく取り上げられています。個人間の所得格差や資 [詳細を見る]


2014年10月28日

  今臨時国会において、先の通常国会で廃案となった「労働者派遣法改正案」が再度上程されました。民主党は、今回の改正案は派 [詳細を見る]


2014年8月26日

1.水素社会の実現にむけての国家戦略と福岡県の取り組み   我が国のエネルギー供給を取り巻く事情が厳しくなる中で、現在、 [詳細を見る]


2014年7月15日

1、立法府における行政監視の意義   所属する参議院の行政監視委員会では、総務省が昨年度に実施した行政評価に関する報告を [詳細を見る]


2014年7月 4日

Ⅰ. 非正規雇用の実態と民主党の関わり方     今日、非正規雇用労働者が増え続けています。本年3月時点で、全 [詳細を見る]


2014年6月27日

  平成25年度の「ものづくり基盤技術の振興施策」(以下、「ものづくり白書」と略記)が6月6日に閣議決定され、国会に提出 [詳細を見る]


2014年2月28日

1、景気対策としての賃上げへの思い   今年の春闘(春季生活闘争)は、各労働組合が賃金改善要求などを経営側に提出し、これ [詳細を見る]


2014年1月24日

 1月24日に通常国会が開会しました。この国会で、安倍政権は、まず昨年末に編成した補正予算案と来年度政府予算案、ならびに関連する税 [詳細を見る]


2013年11月 5日

1、はじめに  平成25年4月より「障害者総合支援法」が施行され、さらに先の通常国会会期末前の6月14日には「障害者の雇用の促進等 [詳細を見る]


2013年8月30日

1、活発化する政党論  今日、政党に関する議論が活発化しています。また、政党の民主的運営や活動内容などを規制する「政党法」を制定す [詳細を見る]


2013年6月28日

 政府は、さる6月7日に「平成24年度ものづくり基盤技術の振興施策(「ものづくり白書」を国会に提出しました。  本年度の白書は、昨 [詳細を見る]


2013年6月14日

1、安倍政権の金融緩和策の経過と背景    安倍政権が発足して半年になろうとしています。新政権は、景気回復を政策目標の中 [詳細を見る]


2013年5月22日

1、TPP参加に道筋  国政上の懸案事項であるTPP(環太平洋経済連携協定)への参加問題は、2月22日の日米首脳会談を経て、3月1 [詳細を見る]


2013年4月 4日

1、前面に出る労働市場の規制緩和論  昨年末にスタートした安倍政権は、「強い日本」、「経済再生」を主要スローガンに掲げ、その実現の [詳細を見る]


2013年3月 8日

 民主党は、党の再生・再出発のための最初の作業として、本年に入り、綱領(『私たちの基本理念』(1998年4月結成大会):以下「旧綱 [詳細を見る]


2013年2月18日

1、岐路に立つ厚生年金基金と廃止議論  昨年2月に発覚したAIJ投資顧問による企業年金資産消失事件は、投資顧問会社によって詐欺的な [詳細を見る]


2013年1月21日

 65歳まで働くことを希望する全社員に対して雇用保障を義務づける「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の一部を改正する法律」(以下 [詳細を見る]


2012年11月 1日

 わが国の国境周辺水域にある離島の領有権問題が大きな政治課題になっています。とくに尖閣諸島の領有権をめぐる日中間の対立は、本年9月 [詳細を見る]


2012年9月13日

1、はじめに  各種の検査機器や手術・治療機器など、医療機器産業の市場は、世界市場で毎年、約5~8%の成長を維持し、その市場は世界 [詳細を見る]


2012年7月25日

1、消費税率引き上げの懸念と対応  「社会保障と税の一体改革」の関連8法案が6月26日の衆議院本会議で可決され、現在は参議院での審 [詳細を見る]


2012年6月29日

 政府は6月5日、平成23年度版「ものづくり白書」(正式名称:「ものづくり基盤技術の振興施策」)を閣議決定しました。  わが国の製 [詳細を見る]


2012年6月18日

 生活保護制度は、憲法上の「生存権」にもとづき、生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じて生活費の支給や医療費・教育 [詳細を見る]


2012年5月 9日

1、「社会保障と税の一体改革」の関連法案が国会提出へ  民主党は、政権獲得後から「社会保障と税の一体改革」構想を打ち出し、その具体 [詳細を見る]


2012年4月 6日

1、離島の現状と政策課題の変遷  日本は、多くの島々からなる島国で、海上保安庁の資料によれば、周囲が100メートル以上の島は6,8 [詳細を見る]


2012年3月16日

1、製造業の国際競争力の低下  我が国製造業は、新興国の台頭による価格競争の激化、エネルギーや流通などの社会インフラにおけるコスト [詳細を見る]


2012年2月22日

1、31年ぶりの貿易赤字とその要因  1月25日に財務省より「2011年貿易統計速報」が発表され、続いて2月8日「2011年国際収 [詳細を見る]


2012年2月16日

1、「日本の失敗は神話」である  本年1月8日のニューヨーク・タイムズの日曜版オピニオン欄に掲載されたエーモン・フィングルトン氏の [詳細を見る]


2012年2月 6日

 イランの核開発疑惑をめぐる国際的な制裁措置がますます強められようとし、原油輸入の大部分を中東に依存する我が国は、これにより大きな [詳細を見る]


2012年1月23日

1、「税と社会保障の一体改革」の道筋が明示される  民主党は、昨年6月以降、政府での「社会保障改革に関する集中検討会議」などと平行 [詳細を見る]


2011年12月26日

 現在、我が国の会計基準をより国際化するために、新しい国際会計基準の採択をめぐる調整が最終段階を迎えています。この新基準は、正式に [詳細を見る]


2011年11月15日

 政府は、10月25日の閣議で、日本の製造業の現状と課題を展望する「ものづくり白書(2010年度版・ものづくり基盤技術の振興施策) [詳細を見る]


2011年10月25日

1、政府の検討状況  政府ならびに民主党における「税と社会保障の一体改革」についての本格的論議は本年1月から始まりましたが、この検 [詳細を見る]


2011年9月22日

1、「再生可能エネルギー法案」と大震災の影響  「再生可能エネルギー関連2法案」は、8月26日、衆議院段階で政府原案を修正した法案 [詳細を見る]


2011年8月 4日

1、鉱業法改正の内容と目的  7月14日の参議院経済産業委員会は、「鉱業法改正案」を可決、同法案は翌15日の本会議で可決し成立しま [詳細を見る]


2011年7月13日

 政府は、6月3日、「国家公務員制度改革関連4法案」と「給与削減法案」を国会に提出しました。  その主な内容は、①現在、協約締結権 [詳細を見る]


2011年6月20日

1、大震災が製造業に与えた影響  3月11日に発生した東日本大震災は、人的・物的に甚大なる被害をもたらしましたが、さらに原子力発電 [詳細を見る]


2011年4月28日

 東日本大震災と原発事故による影響で、東京電力・東北電力管内において夏場の電力不足が予測される中、政府の電力需給緊急対策本部は、大 [詳細を見る]


2011年2月22日

 このほど内閣府は、「子ども・子育て新システム検討会議作業部会」で、2年後の2013年度から、幼稚園と保育所の一体的運営を行う、い [詳細を見る]


2011年1月27日

 2月24日に第177回通常国会が開会されました。この通常国会は、民主党政権が概算要求の段階から編成した「来年度政府予算案」と税制 [詳細を見る]


2010年12月 1日

  与党・政府内において、現在、来年度の税制改正にむけた調整が行われていますが、この中で、我が国の製造業の「ものづくり」 [詳細を見る]


2010年11月12日

1、温室効果ガスの排出抑制の高い目標  昨年12月、コペンハーゲンで開催された「第15回気候変動枠組条約締結国会合(COP15)」 [詳細を見る]


2010年9月28日

1、念願の準天頂衛星打ち上げ成功  9月11日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業が、国産として初の測位衛星(準天頂衛星 [詳細を見る]


2010年9月15日

1、概算要求基準と概算要求の結果  財務省は、8月31日に各省庁からの概算要求の提出を締め切りました。  民主党が昨年、政権を獲得 [詳細を見る]


2010年9月 3日

1、人事院勧告と政府の対応  人事院は、8月10日に、月例給を平均0.19%引き下げ、ボーナス0.2ヶ月引き下げなどを内容とする「 [詳細を見る]


2010年8月25日

1、深刻化する大学生の就職難  文部科学省は8月5日に公表した「学校基本調査」によると、今春の大学卒業生(4年制)の就職率は60・ [詳細を見る]


2010年8月20日

 現在、円とドルの為替レートは80円台半ばという異常な円高状態が続いています。  円高は、とくに輸出産業の企業の収益を圧迫し、一方 [詳細を見る]


2010年5月13日

 6月はじめに発表される政府の「ものづくり白書」(平成21年度「ものづくり基盤技術の振興施策」)の最終的な案が示されました。  「 [詳細を見る]


2010年4月28日

1、政権交代と「デフレ経済」  現在、我が国の経済は、「デフレ経済にある」、あるいは「深刻なデフレに陥っていく危険性がある」と言わ [詳細を見る]


2010年4月26日

1、「学習指導要領」の見直しによる理科・算数授業の拡充   文部科学省は、3月末に、来年度から小学校で採用される教科書 [詳細を見る]


2010年3月24日

(1)増加する在留外国人の実態と課題  鳩山内閣が、民主党のマニフェスト実現に向けて取り組んできた「子ども手当法案」が現在、参議院 [詳細を見る]


2009年11月28日

1、予算編成と事業仕分けの意義  政府の行政刷新会議は、11月9日から、ワーキング・グループによる事業仕分けの作業を開始し、11月 [詳細を見る]


2009年11月12日

   鳩山総理大臣は、9月22日、ニューヨークで開かれた国連の気候変動サミットで演説し、主要な排出国の合意などを前提に、温室効果ガ [詳細を見る]


2009年9月 9日

     8月30日に実施された第45回総選挙は、民主党が308議席を獲得するという圧勝に終わりました。4年前の2005 [詳細を見る]


2009年8月10日

 1、自民党の政策こそ絵空事   最近、麻生総理大臣は、街頭演説などで、「民主党のマニフェストには、成長戦略が [詳細を見る]


2009年8月10日

はじめに  7月27日、民主党は8月30日投票の衆議院選挙にむけたマニフェスト案(以下マニフェスト)を決定し発表しました。今回のマ [詳細を見る]


2009年7月30日

 7月12日、参議院本会議において、衆議院から送付されてきた「臓器移植法改正案(A案)」が原案のまま可決、成立しました。私は、衆議 [詳細を見る]


2009年5月15日

1、民主党として全省庁対象に事業仕分け 民主党は、次の総選挙にむけたマニフェストづくりを進めていますが、その中心的な政策項目の一 [詳細を見る]


2009年2月18日

1、緊迫する雇用情勢と若年者の職業能力の問題 米国発の金融危機による世界同時不況が一段と進む中で、我が国の景気も大きく後退し、昨 [詳細を見る]


2008年12月12日

来年の2009年5月21日から「裁判員制度」がスタートします。 裁判員制度は、国民から無作為に選ばれた6人の裁判員が、殺人や傷害 [詳細を見る]


2008年11月13日

答弁書第七二号内閣参質一七〇第七二号平成二十年十一月四日 内閣総理大臣 麻 生 太 郎 参議院議長 江 田 五 月 殿参議院 [詳細を見る]


2008年10月29日

《電波利用料の周知に関する質問主意書》 平成20年10月28日 加 藤 敏 幸 先の第169回国会において「電波法」の改正が行わ [詳細を見る]


2008年10月 3日

2006年6月に与党の自民党・公明党の強行採決で導入された「後期高齢者医療制度」は、本年4月からスタートしましたが、当初から問題 [詳細を見る]


2008年9月30日

1、所得流出と貿易赤字 昨今の原材料費高騰による卸売物価と消費者物価の上昇は、国民生活と各産業に深刻な影響をもたらしています。こ [詳細を見る]


2008年8月26日

厚生労働省は7月25日に「平成20年版労働経済の分析」(以下、「白書」と略記)をまとめ発表しました。 今回の「白書」は、「働く人 [詳細を見る]


2008年8月19日

1、消費者物価の上昇と国民生活への影響 原油や食料・原材料費の高騰により、消費者物価指数が上昇し、国民生活と産業活動に大きな影響 [詳細を見る]


2008年7月11日

3年後の2011年7月24日にアナログ放送が完全に終了し、地上テレビ放送は全てデジタル放送に切り替わります。現在でも、地上デジタ [詳細を見る]


2008年7月 1日

1、「ものづくり」政策の重要性 政府が刊行する「ものづくり白書」は、議員立法により成立した「ものづくり基盤技術振興基本法」に基づ [詳細を見る]


2008年6月23日

本年1月18日に招集された第169通常国会は、会期を1週間延長し、6月21日閉会しました。 今国会は、先の臨時国会に続き、参議院 [詳細を見る]


2008年3月21日

1、新型インフルエンザの発生の危機 近年、鳥インフルエンザが鳥からヒトに感染し、その高い毒性のために東南アジアを中心に多くの  [詳細を見る]


2008年2月26日

1、成人年齢の18歳に引き下げは妥当か 2月13日、鳩山法務大臣は 現在20歳の成人年齢を引き下げる是非について法制審議会に諮問 [詳細を見る]


2007年12月21日

1、職業教育の充実とフリーター対策 12月10日、NHKで中継された決算委員会において、わが国の「ものづくり力」を保持していくた [詳細を見る]


2007年9月 6日

8月2日に関西国際空港の第2滑走路がオープンし、ほぼ1ヶ月が経過しました。日本で初めての4,000m級の複数滑走路を持つ完全2 [詳細を見る]


2007年8月23日

厚生労働省は8月3日、『2007年版労働経済白書』(以下、『白書』と略)を発表しました。今年の白書の特徴は、労働分配の問題を大き [詳細を見る]


2007年8月 7日

昨年(2006年)5月15日の参議院決算委員会において、経済産業省が所管する「中小企業高度化資金の不良債権問題」について政府の対 [詳細を見る]


2007年7月10日

政府は5月29日の閣議で、経済産業、厚生労働、文部科学の3省でまとめた『ものづくり白書(ものづくり基盤技術振興基本法第8条に基づ [詳細を見る]


2007年6月18日

私が所属する参議院「政府開発援助等に関する特別委員会」は、これまで一年半にわたり、ODA関係予算の一括審査、来日中の被援助国要人 [詳細を見る]


2007年6月 8日

1、はじめに 民主党の追究によって、社会保険庁が所管する公的年金の記録の中に、宛先が分からない年金の記録漏れが5,000万件、さ [詳細を見る]


2007年6月 6日

(お相手) 若林秀樹参議院議員 若林議員は、私と同じく電機産業出身で、製造業に身をおき、苦労を重ねた経験を持つ数少ない議員の一人 [詳細を見る]


2007年6月 5日

先月、大手家電量販店が不当な販売員(ヘルパー)派遣をメーカーに求めたとして、公正取引委員会はこの量販店の店舗への立ち入り検査を行 [詳細を見る]


2007年5月30日

去る5月19日・20日のJリーグの試合対象としたサッカーくじ「BIG(ビッグ)」は、61億2033万円にのぼる大幅な売上げとなり [詳細を見る]


2007年2月28日

①生活に密着する身近な課題で連携を ②労働組合の選挙活動を受け入れる体制作り ③政治教育を重視せよ ④国家理念・基本政策の積極的 [詳細を見る]


2007年1月30日

公共事業の発注の不正により、昨年秋から、福島、和歌山、宮崎の各県知事が順次逮捕され、また大手ゼネコンによる談合事件も次々に摘発さ [詳細を見る]


2007年1月11日

労働契約および労働時間規制に関する法案が、1月25日から始まる国会に提出される見込みです。事務・技術労働者(ホワイトカラー)の一 [詳細を見る]


2006年10月25日

先輩議員である若林秀樹さんが「希望立国ニッポン15の突破口」を編著・出版された。若林さんの5年に亘る政策活動の集大成とも言うべ [詳細を見る]


2006年10月18日

1、サラ金問題は依然として社会問題 個人や自営業者などを対象にする貸金業の貸出上限金利を引き下げようとする法案が政府・与党によ [詳細を見る]


2006年9月 1日

前回(「格差問題を考える」その1)は、現在、大きな議論となっている格差問題について、OECDの対日報告や『経済財政白書』の分析か [詳細を見る]


2006年8月 7日

1、小泉政権と格差拡大の問題 5年余にわたる小泉政権の功罪を論じる際に、今日、大きく取り上げられているテーマが「格差問題」です。 [詳細を見る]


2006年7月21日

1、「骨太方針」の意味するもの 政府は、7月7日、来年度の予算編成を見越した「骨太の方針2006」(下欄の「主な内容」を参照)を [詳細を見る]


2006年7月 4日

1.高齢者の負担増による財政対策 先の国会の会期末直前の6月14日、医療制度改革法案(「健康保険法等改正案」、「医療法等改正案」 [詳細を見る]


2006年4月28日

経済産業省が国会に提出した「中小企業ものづくり基盤技術の高度化に関する法律」が4月19日に参議院で可決され成立しました。 <わ [詳細を見る]


2006年2月23日

1、海外進出のリスク対応の高まり かつては競うように中国や東南アジアに進出した日本のメーカーが、近年、国内の生産拠点を強化する傾 [詳細を見る]


2006年1月18日

中国経済の発展に関する報道が頻繁になされています。また、直近では中国の高度成長の出発点となる1992年の鄧小平の南巡講話のルー [詳細を見る]


2005年12月21日

11月末に経済産業省が『ものづくり国家戦略ビジョン』(以下、『ビジョン』と略)を発表しました。 「ものづくり日本の復活」を政策 [詳細を見る]


2005年10月 7日

はじめに 多くの勤労者国民の支持を得ている民主党が政権を目指していくためには、大きな支持母体である労働組合と適正な関係を築いてい [詳細を見る]


2005年9月15日

はじめに 民主党は、今回の衆議院議員選挙において政権獲得をめざし全力を尽くしてきましたが、選挙結果は大幅な議席減となり、民主党に [詳細を見る]


2005年9月12日

第44回総選挙は自民党の圧勝、対する民主党の惨敗という結果に終わりました。民主党議員の一員として悔しい思いを禁じえませんが、国民 [詳細を見る]


2005年8月11日

先の国会で「郵政民営化関連法案」は、衆議院では僅差で可決されたものの、参議院においては17票差で否決されるという異例の展開となり [詳細を見る]


2005年6月15日

最近、中国の人民元の為替レートの切り上げ問題が大きく取り上げられています。とくにアメリカは、繊維製品など中国の安価な輸入品によっ [詳細を見る]


2005年6月15日

政府は6月1日に、『2004年版ものづくり白書』を閣議決定し、国会に提出しました。『ものづくり白書』は、「ものづくり基盤技術振 [詳細を見る]


2005年5月26日

国際航空貨物はいまや国際物流の主役です。しかし、空港使用料がそのコストを引き上げています。 3月28日の参議院決算委員会において [詳細を見る]


2005年5月18日

今日本に一番必要なことは「製造業の復活」です。そして、そのための政治の役割は大変大きいと思います。 「経済のソフト化・サービス化 [詳細を見る]


2005年5月18日

港湾活性化のための港湾法等の一部改正案が5月13日の参議院本会議で可決・成立しました。 私は、日本の港湾の非効率性が、製造業の発 [詳細を見る]


2005年5月12日

有限責任事業組合(LLP)に関する法律が成立しました。 「有限責任事業組合に関する法律案(LLP法案)」が、さる4月25日の参議 [詳細を見る]


2005年3月10日

現在、我が国における農業の改革が大きな話題になっています。 その背景には、各国間の貿易をより自由化するためのWTO(世界貿易機関) [詳細を見る]


2005年2月16日

先進国30カ国に対し、地球温暖化の原因となっている排出ガスの削減を義務づける「地球温暖化防止・京都議定書」(「気候変動に関する国 [詳細を見る]


2004年12月22日

郵政民営化問題は、小泉首相が主導する構造改革の中心テーマになっており、平成16年9月10日には基本方針が閣議決定され、現在、法案 [詳細を見る]


2004年10月26日

民主党政権に対し有権者が抱く不安とは具体的にどんなものでしょうか。 まず分かりやすいものでは、経験不足からくる失敗です。小さな失 [詳細を見る]


2004年10月 7日

なぜ有権者は「力」を求めるのか。それは力こそが安心・安定の源泉だと信じているからです。問題は、有権者が思い描いている民主党像には [詳細を見る]


2004年9月21日

政権を担当するにはまず衆議院で過半数の議席を必要とします。当然参議院も過半数の議席を必要としますが、まずは衆議院です。そこで過半 [詳細を見る]


2004年9月14日

9月13日、民主党第12回大会が開催されました。臨時大会でありましたが、今後2年間、岡田氏を代表とする新たな執行体制が確立いたし [詳細を見る]


2004年8月30日

本日午後4時、民主党代表に岡田克也さんが再選(内定)されました。菅前代表の辞任から小沢さんの就任辞退という緊急事態の中で、いわば [詳細を見る]


2003年11月 1日

最近、韓国は官民をあげて日本の製造業の誘致活動を強化しています。米国もたびたび州知事クラスが来日し、特別税率の適用など行政主導の [詳細を見る]


2003年10月 1日

民主党と自由党が合併しました。10月5日(日)に民主党合併大会が開かれ、私も特別代議員として参加しました。会場の席を埋めていく人 [詳細を見る]


2003年9月 1日

アメリカの8月の雇用統計が発表され、大きな論議になっています。景気回復の見込みにもかかわらず、製造業を中心とした雇用者数が減少し [詳細を見る]


2003年8月 1日

8月になりました。夏場の健康維持が大切です。暑いからといって冷たいものをがぶ飲みするのはやめましょう。夏場の忍耐が一年間の元気を [詳細を見る]


2003年7月 1日

7月です。暑さ本番です。今年は地球に優しく、伝統的な避暑術を思い返し上手にすごしましょう。 さて今年の5月に「白装束集団」が話題 [詳細を見る]


2003年6月 1日

日本は少子高齢社会です。子どもが少なくお年寄りが多いのです。 ──「少子高齢社会は悪いのですか」 「いいえ、北欧諸国もそうです。 [詳細を見る]


2003年5月 1日

今回は「技は力にあり」についてです。これは柔道の言葉ですが、柔道のみならずスポーツの世界に通用すると思います。意味は簡単です。「 [詳細を見る]


2003年3月 1日

身の回りにいろいろな課題を抱えていますが、ものごとには順番があります。いちばん憂鬱(ゆううつ)なのはデフレ不況です。とにもかくに [詳細を見る]


2002年12月 1日

よく「中国対日本」といった見出しを見かけますが、安全保障や外交では国が単位ですから、対立関係が起こるのは当然です。しかし、経済は [詳細を見る]


2002年11月 1日

「ITバブルの崩壊」や「デフレ不況」からなかなか抜け出せない日々が続いています。戦後何回か不況に見まわれましたが、2000年の秋 [詳細を見る]


2002年9月 1日

今回のテーマは「料理」です。最近よくテレビで料理番組を見かけますが、大きく分類すれば、食通、美味紹介、料理法そして競技の四種に分 [詳細を見る]