遅牛早牛

時事雑考「米中経済闘争のそれから」

◇ 貿易摩擦問題ではない。貿易戦争でもない。貿易不均衡を材料にした経済闘争ではないのか、米中のもめごとは。普通もめごとは初期消火に失敗すれば拡大するもので、はなから消化する気がなければ大ごとになる。一番まずいのは売り言葉に買い言葉状態で、わざわざ理性の世界から感情、情動の世界へ引っ越しをしている。人類は情動を抑制するのが下手なので、できれば理性の世界へ帰ったほうが良いに決まっているが、子供には簡単であっても政治家には難しい。いま難しい局面にあって、世界は迷惑している。

◇ 何事もやりすぎはよくない。簡単な教訓ではあるが、これがなかなか身につかない。米中貿易摩擦の原因は中国政府のやりすぎにある。善悪ではない。やりすぎが問題なのだ。

◇ 知的財産権についての中国政府の対応は不十分で、いくら自由貿易を標榜しても説得力がない。財産権の侵害はどの国どの世界においても法違反である。

◇ 他国から信認を受けるためには、約束を守ることが大切である。また説明責任を果たし、自らに責任があることから発生した被害の賠償には誠意をもって応じなければならない。国も、機関も、企業も、法人も、そして人も同じである。

◇ 韓国にサードを配置する場所に絡んで、特定の韓国企業が中国において営業妨害にあった。ひどいことである。何年か前にも日本企業が被害にあった。これは些事ではない。大事である。中国に資本を投下し、経済活動を展開することはリスクを伴う。そのうえ、坊主憎けりゃ袈裟まで方式でやられた日にはやってられない。

◇ 中国には今なおカントリーリスクがある。巨大な市場ゆえに視野の外に追いやられているが、消えてはいない。経済規模が多くの問題をカバーしているようだが、量が質を馴致しえない課題もある。一党支配体制であればこそ、高次の透明性が求められるのではないか。透明なものに説明は求めない。

◇ 経済規模で世界第二位。赫々たる成果である。しかし「これからは壁」がある。その壁は他国が構築したものではない。中国が自ら作り出したもので、ベースは覇権主義である。世界は警戒する。今日以降の中国の発展を祝福しない。また尊敬もしない。惜しいことはなはだしい。

◇ 難しいとは思うが、減軍である。これを夢物語というのは正しい。為政者は軍拡の呪いに苛(さいな)まれるもので、軍縮、軍備削減は禁句である。必要な軍事力など確定できない。ある意味幻想である。しかし人々は安心欲しさに軍拡を支持する。だから減軍は政権基盤を毀損する。しかし歴史は減軍を断行したものに微笑んでいる。どこまで行っても米軍を凌駕することなど不可能である。邦貨にして70兆円を超える軍事予算を賄うのは至難のことである。それ以上に実戦経験の差は大きい。中国は国家規模が巨大であったから強大な軍事国家というイメージがあるが、事実はそうではない。軍備とは投資飽和のお化けで見返りは期待できない。それを4000年の歴史は静かに示している。

◇ 私は「これ以上海外に工場を出すな」と叫んできた。モノづくり日本の大切さを訴えたつもりであった。国内工場優先である。経済原則ではない、政治原則である。経済原則で世の中おさまるなら政治家などいらない。この点米国トランプ大統領は徹底している。不支持率が高くても相手候補より支持率が高ければ選挙は勝つ。米国民主党は、理屈はこねるが政治家としての雄たけびがない。とにかく国内事情優先。これが世界の真理である。だからいま中国が保護主義を批判し、自由貿易体制を主導しても形にならない。中国こそ国内事情優先、党内事情優先の花形役者ではなかったか。この闘争では貿易不均衡の是正が出口ではない。

◇ だから、少しいい気になっているんじゃないですか。経済大国の地位もお客さんあっての物種。何事も買い手が一番。軍備の近代化も先進技術の導入あってのことで、すべて自前でやれてるわけではない。また経済規模の拡大はなにがしかの脆弱性をはぐくむ。いま中国経済、脇腹に切先があたっている。不用意だったね。2025年。大風呂敷でよかったのに、一帯一路。警戒を養う10年だった。

◇ 短期は政治原則、長期は経済原則。これが収まりところで、関税はいずれ国内に問題を起こす。市場に委ねるべきことを政府がやっていいわけはない。歪む。米国における政治原則の有効期間は最長1年ぐらいであろう。中国は我慢モードに入ると強くなる。しかしどちらも1年もつのか。共に足元に矛盾がある。

◇ だから勝者はいない。敗者は巻き込まれていく開発途上国であろう。問題は米中経済闘争のあとのこと、すなわち「それからの米中」で、意外だが一番シナリオは両国の緊密化が進むというものである。お互い地獄を見て、それでも、分かっちゃいるけど止められないのか。本当は「負けるが勝ち」と言いたいが、説得力はないようだ。要は中国が安全保障上の脅威でなくなり、経済覇権主義を捨て共栄路線をとれば、米中ともに発展できる。この一番シナリオが実現すれば世界は拍手喝采であろう。

◇ 中国は大きく膨らませば4000年の歴史を持つ。世紀にして40個。そのうち1個、100年間は屈辱の歴史であった。残りの39個は世界の先進国、東アジアの文明文化の中心であり世界帝国であった。しかし過去は過去。明日を昨日に求めてはいけない。新しい中国を描くべきである。欧州に源を持つ民主主義を批判するのは自由である。しかし提起すべきものがなければその批判に何の意味があるのか。他国民あるいは他民族をして賛同共感せしめる何かがなければ、単なる人権軽視の独裁覇権国家で話は終わる。

◇ 国内統治上民主政治の深耕が難しいとしても、対外的に平和主義を掲げることは可能ではないか。私は善隣外交の果実は予想以上に大きいと思う。栄耀栄華は平和の手でたぐり寄せるもの、馬上掴むものではない。人権が絡まないうちに対外平和路線を選択する意味は深い。人権抑圧は慢性疾患に通じる。抑圧の言い訳に対外不安を持ち出すのは無理がある。今の中国に先に軍事圧力を加える国はない。順序が逆である。

◇ 中国が平和主義に変われば、米国はどうする。中国が米国に突きつける番がくる。その時何を突きつけるのか。中国人の4000年の真価が問われている、大きな舞台で。それにしても日本には出番がないですね。出たくないのかしら。

◇ 蝉しぐれ梢の先の火星かな

加藤敏幸