研究会抄録

バーチャルセミナー「あらためて労働組合と政治」

バーチャルセミナー「あらためて労働組合と政治」

講師:一の橋政策研究会 代表 加藤敏幸

場所:仮想空間

研究会抄録 記事一覧へ

発言広場

【遅牛早牛】 時事雑考「いっさいにきんさんとうしりごせい」

◇ 「困ります」といわれたので押し入れに入れっぱなしだった「いっさい、にきん、さんとう、しり、ごせい」がやはり気になるので引っぱりだすことにした。呪文ではない。「一再二金三党四理五政」すなわち「再選、資金、政党、理念、政策」のことである。

 「ほとんどの議員の頭の中はこの順番ね」と親しくしていた政党関係者に問いかけたところ、不機嫌そうに「そういうことをいわれると困ります」と返えされた。

◇ 「政治不信がひどくなりますから」ともいう。そうかもしれない。決して貶(おとし)める気はないのだが、そう受けとられても仕方がない。世間では、政治家である議員こそはいつも高尚な政治理念や政策を掲げ、その実現に向けて日夜奮闘邁進していると思っている、ことになっている。おもてむきの話であるが、みんながそう思っているだろうと思っている。

 しかし同時に、そうではないとも思っている。表と裏、それに虚実の二面性があると感じているのだが、おもてむきは「べき論」が優勢である。

 とはいっても「政治家ならそうだろう」ということをいつ、だれが決めたかはわからない。まあ、いってみれば勝手な決めつけだが、それがいつの間にか妖怪となり「政治家はこうあるべし」と、そういった言論空間が作られていく。本当にそうなのかという問いにはいっさい答えず、夜祭りの張りぼてのような仮想空間が安易に作られていくのだが、やがてそれが「ポリティカル・コレクトネス」という大妖怪に化けていくのだ。それにいまさら抵抗する気はないし、それはそれでいいのだが、やはりやり過ぎ感は否めない。政治家を窒息させて世の中良くなるのかと思うだけである。

遅牛早牛 記事一覧へ