研究会抄録

ウェブ鼎談シリーズ第(14回)「戦後の労働運動に学ぶ」

ウェブ鼎談シリーズ第(14回)「戦後の労働運動に学ぶ」

講師:仁田道夫氏、石原康則氏

場所:三菱電機労働組合応接室

研究会抄録 記事一覧へ

発言広場

【遅牛早牛】 時事雑考 「2021年6月が始まった、なんだか崩れていく統治に不安」

この国の統治に生じているほつれや荷くずれ

◇ とりわけ深刻な事態というわけではない。しかし、緊急事態宣言下にあって人々には政府や自治体からの要請にたいし聞きたくないという気持ちが高まっている。もちろん人さまざまであるから大波のような変化がただちに生じるとは思えないが、それでも要請を無視する人が少しずつ増えているのは気になる。昨年の春から梅雨にかけて人々はおびえるように感染動向を見まもっていたが今ではふてぶてしいわけではないがけっして初々しくはない「手慣れたあつかいぶり」で世紀の災厄をやり過ごそうとしているように見える。

 素直には要請を受けいれたくないといった心情についてはある程度予想されていたが、それはあくまで概念としての予想であって実感としての肌触りをもったものではなかった、だからその実感に直面した今こそ正直衝撃を受けている。

 その衝撃を細かく解いてみてとくに「この国の統治」を揺るがしかねない小さいが大きな「なにか」がチクチクと感じとられどうしても気になってしまう。 

 またぞろ話が飛び跳ねて申しわけないが、この国の統治については日頃からおおむね良しと思っているので話の中心はどうしてもトラックに満載の荷物がどのように崩れていくのかといった感じの「荷くずれ論」になってしまう。いってみれば、荷くずれという微細現象から統治のありようつまり全体を批判しようというミクロtoマクロ談義で、すこしうがち過ぎになるかもしれない。

 さて、この荷くずれはセーターでいえば袖裏のちょっとしたほつれといったものであろうか、しかしちょっとしたとか小さなとかいくら綾をつけてもほつれはほつれ、放っておくと広がっていく、そしてやっかいなことになるかもしれない。とくに荷くずれとなると一旦停車し積みなおしが必要で、一旦停車には覚悟が必要であるが、この覚悟が難しい。

遅牛早牛 記事一覧へ