研究会抄録

ウェブ鼎談シリーズ(第10回)「労働運動の昨日今日明日ー労働運動と生産性ー」

ウェブ鼎談シリーズ(第10回)「労働運動の昨日今日明日ー労働運動と生産性ー」

講師:山﨑弦一氏、中堤康正氏

場所:電機連合会館4階

研究会抄録 記事一覧へ

発言広場

【遅牛早牛】 時事雑考 「2020年秋、総裁選と代表選の競争」

◇ 自民党総裁選の真最中である。菅氏の当選が確実視されているので、むしろ論戦の展開とその含意に注目すべきであろう。多くの派閥が早い段階で菅氏支持を表明し勝ち馬に乗る雪崩現象が起こったが、多ければいいのかと深く考えれば菅氏にとって痛し痒しの現象であろう。まあ本心をうかがうことはできないが。

 選挙そのものは結果が見えている。が水面下では、安倍路線をどのように継承するのかという戦略と、派閥間の椅子取りゲームが交錯している。見どころは、菅氏がどこで匕首の刃面を見せるかで、それ次第で後々の政局が変わってくるであろう。

 その一つが、解散総選挙である。まず、何のためにやるのか、仮の話ではあるが、菅氏にとってはそれが最大の難問であろう。いわゆる救援投手に徹する覚悟なら、任された総裁任期1年を完投すればいいということになるが、本格政権すなわち総裁任期以降も総理大臣を続けるのであるなら、躊躇なく解散総選挙を選択するべしというのが一般論であるが、これが巷間いわれているほど簡単ではない。感染症の壁がある。また、安倍氏にはアンチも多かったが、それ以上にシンパが多かった。また、カリスマ性もあったし、いわゆる運の力もあった。

 しかし菅氏の場合、正直いって不確実性が高い。とくに、選挙でしくじるとそれで終わってしまう。また、アベ政治の継承だと強調すればするほど、アベの負の遺産を引き継ぐことになるから、いずれ引き算になる恐れがある。だから、そんな危ない橋を渡るよりも、得意の課題処理能力を活かし地道に実績を積み重ね、アベ継承といいながら中身の濃い菅政治を売り物にし、来年秋、満を持して任期満了選挙に臨むほうがいいのではないか。と、思案の最中かもしれない。

 そのように思うのは、アベ継承政権の最大の課題はいつどのようにアベ離れを果たすかで、その昔、中曽根政権が発足時に「田中曽根」と揶揄されたことがあったが、巧みな田中離れで結局長期政権を成し遂げた。

遅牛早牛 記事一覧へ