研究会抄録

現下の政治情勢と民進党の目指すべき方向ー羽田雄一郎議員ー

現下の政治情勢と民進党の目指すべき方向ー羽田雄一郎議員ー

講師:羽田雄一郎参議院議員

場所:電機連合会館6階会議室

研究会抄録 記事一覧へ

発言広場

【遅牛早牛】 希望の党「愛は燦々とふり注ぐ?」

 小池百合子と前原誠司は戦犯なのか。「排除発言さえなければ」と怨嗟の声は続く。「騙すより騙される方が悪い」そうだが、だれがだれを騙したのか。解明されないうちにページはめくられる。新しいページでは民進党大塚が「三党物語」を、希望の党玉木が「寛容な改革保守」をそれぞれ説き始めた。今日、衆目はここに向く。

 すべては旧聞に、そうごみ袋に入れられ街角に並べられ、もうすぐ収集車が来る。政治はリアルタイムで動く。だから過去にこだわっていては置いてきぼりを食らうだけだ。とはいっても過去を整理しなければ未来は開けない。

 「政治は結果責任です」いまさらあれこれいっても往生ぎわが悪いだけ、と前原は民進党代表を辞任し、小池は「創業者としての責任がある」はずなのに玉木執行部の旅立ちを契機に共同代表を辞任した。当面都政に専念するようだ。それでいいと思う、二人の場合は。

遅牛早牛 記事一覧へ