研究会抄録

ウェブ鼎談シリーズ(第10回)「労働運動の昨日今日明日ー労働運動と生産性ー」

ウェブ鼎談シリーズ(第10回)「労働運動の昨日今日明日ー労働運動と生産性ー」

講師:山﨑弦一氏、中堤康正氏

場所:電機連合会館4階

研究会抄録 記事一覧へ

発言広場

【遅牛早牛】 時事雑考 「二大政党制は幻影か?立憲民主党に贈る花束」

◇ 立憲民主党が合流の結果150名の規模となったことから、名実ともに野党第一党の趣を持ちはじめた。また、首班指名では日本共産党の協力を得るなど野党共闘の目鼻立ちを整えたといえる。

 画期である。世間の期待感はともかく新たな船出にあたり花を添えたいと思うが、どのような花を用意すれば喜んでもらえるのか、心もとない。

◇ まずは「脱労組」を贈りたい。「脱労組」あるいは「脱労組依存」は民主党時代はもちろん、古くから野党勢力において何かと悶着を起こしてきた因縁深い言葉である。とくに、2005年秋、小泉郵政選挙において敗北を喫した岡田民主党代表の後を継いだ前原新代表の発言が有名であろう。有名といえばいささか不穏当の感があるが、当時民主党労働局長であった筆者にとっては忘れがたい出来事であった。

 「脱労組」の意味は「脱労組依存」、つまり「反労組」でないからいいではないか、また、政権をめざす政党にとってはあたりまえのことだと思っていた。それが炎上したのである。とくに連合地方組織の反発が激しかった。当時、新任の古賀伸明連合事務局長の要請もあり、なんとか収拾にいたったものの、2006年2月16日「偽メール」事件が起こった。この日は連合中央執行委員会であり、連合加盟組織と地方連合など関係者が多数集まることから、合同(党労)懇談会を開催し、党として労組との修復を完結する予定であったが、新たな問題発生で事態はふりだしへ戻ってしまった。

 思いのほか「偽メール」事件のダメージは大きく、春先に前原氏は代表辞任を余儀なくされた。後任の小沢氏は前原執行部をほとんど居抜きで継承し、懸案の対労組姿勢を脱どころか依存を飛び越えて、政治的籠絡へと方向転換した。 

 これが2007年の参議院選挙「逆転の夏」へ繋がっていくのであるが、とくに世代交代を果たした前原執行部のメンバーがその後飛躍する契機ともなったのだがここらあたりの論考は別の機会に譲りたい。

遅牛早牛 記事一覧へ