研究会抄録

現下の政治情勢と民進党の目指すべき方向ー羽田雄一郎議員ー

現下の政治情勢と民進党の目指すべき方向ー羽田雄一郎議員ー

講師:羽田雄一郎参議院議員

場所:電機連合会館6階会議室

研究会抄録 記事一覧へ

発言広場

【遅牛早牛】 裁量労働制をめぐる答弁撤回ー答弁は政治家の責任ですー

 129日衆議院予算委員会において「裁量労働制で働く方の労働時間の長さは平均的な方で比べれば、一般労働者よりも短いというデータもある」と安倍首相は答弁したが、216日午前の衆議院予算委員会では「129日の私の答弁は撤回するとともに、おわびを申し上げたい」と撤回した。

 首相の国会での前言撤回はきわめて珍しいことである。しかしこの時点で何がいけなかったのか、つまびらかではない。というのは216日午後、「データもあると話をしているわけで、これのみを基盤として法案を作成していない」との発言を朝日新聞は伝えている。確かにデータがあることは事実である。だから20157月の衆議院厚労委員会で当時の塩崎恭久厚労大臣も同様の答弁をしている。

遅牛早牛 記事一覧へ