研究会抄録

ウェブ鼎談シリーズ第(14回)「戦後の労働運動に学ぶ」

ウェブ鼎談シリーズ第(14回)「戦後の労働運動に学ぶ」

講師:仁田道夫氏、石原康則氏

場所:三菱電機労働組合応接室

研究会抄録 記事一覧へ

発言広場

【遅牛早牛】 時事雑考 「COVID-19下で臨機無能があらわに?ショボいことに」

◇ なんとなく調子が悪いこんなはずではなかったのにとつぶやきながらこの先どうなることやらと闇夜に向かう夕暮れどきに感じるような不安。体調ではない、世の中の動きである。サイコロもわるい目がではじめるととうぶん続くと誰かがいっていた。世の中のネジがゆるんでいるのか、そろそろ鬼か天狗か猩々がでてくるぞ。

◇ 医療逼迫だと聞く。3月21日、1都3県に残されていた第2次緊急事態宣言が解除された。なお関西、中部、福岡の6府県は3月1日に先行解除されていたが皮肉にもその大阪が第3次の発端となった。とくに一部の医療現場の逼迫状況が衝撃的に報道され隣接する府県も厳しい状況にいたっているとも伝えられ、病床の逼迫が入院前重症者や死亡者の増加につながっているとさわがれるなかで政府、自治体、医療機関への圧力は日をますごとに厳しいものとなっていった。

遅牛早牛 記事一覧へ