遅牛早牛

時事雑考「朝鮮半島の統一、左派政治家の夢」

◇ 「同じ民族だからいずれ統一ということになるでしょう」と簡単に語る評論家が多いが、はたしてそうなのか。私は否定的である。「近づけば近づくほど遠くなる」、なぞかけではないが、そう思う。

 同じ民族であるから統一に向かう心情は理解できるが、心情だけでは結果は保障されない。国家の統一はさまざまな障害を克服して成されるもので、現在の大韓民国と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)との統一には、不可能と思わざるをえないほどの大きな障害が多く待ち受けている。ここで最も重要なのは、統一が本当に国民あるいは人民の幸せにつながるのかという点において大きな疑問があることで、これこそが最大の障害になっている。

◇ 第二次世界大戦の終結から東西冷戦によって分断された南北ベトナム、東西ドイツ、南北朝鮮のうち、前二者は統一された。残るは朝鮮半島の統一であるが、これは簡単なことではない。

 まず、ベトナムは1945年の日本の敗戦撤退の後、北ベトナム(ベトナム民主共和国)が中国・ソ連の支援を受けながら、フランス、アメリカとの戦いを制して統一にいたったもので、簡単にいえば武力統一である。統一後国名をベトナム社会主義共和国に改めている。

 次に、ドイツは1989年の冷戦終結により、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)がドイツ民主共和国(東ドイツ)を吸収し統一にいたっており、これは経済力による統一といえる。もちろん、1973年には東西ドイツ基本条約が発効しており、国家として相互承認がなされるなど基盤は整っていたといえる。

 このように二例とも圧倒的な力の差こそが円滑に統一を導き、その後の安定を支えているわけで、両者の力の差がぼやけている場合は、たとえばイエメンのように南北統一を果たした後に内戦がぼっ発するという危険をはらむことになる。

続きを読む


時事雑考「やはり環境問題でしょう、頭の痛い」

 「国連気候行動サミット」が922日開かれた。報道ではスウェーデンの16歳の少女グレタ・トゥンベリさんが大きな注目を浴びた。発言や立ち居振る舞いもさることながら、多くの国で確認できないが400万人以上が彼女に同調し、授業を休み座り込むなどの行動(Fridays For Future)をとっているという。その影響力に各方面が驚いている。「われわれを失望させることは許さない」と思いつめた鋭利な迫力が世界を駆け巡り、例によってプラスマイナスの反応を生んでいるようである。

 若い世代がこの先何十年かの地球環境に強い関心を持つことは当然で、平均気温が2℃以上も上昇すれば、地球上の生態系が破壊されその悪影響がもたらす災厄は計り知れない。被害という言葉を超える壮絶な悪事象を想像する力や、それらに対する感受性に世代間では違いがあることは間違いのない事実であろう。

 32年前の話であるが、1987年の民間連合の発足を期して、若年層の意識調査が行われた。その調査で政策・制度課題の優先順位を聞いたところ、トップが環境問題であった。当時の竪山会長(故人)が、報告書を眺めながら、「意外だけどなるほどなあ」とつぶやいていたのを覚えている。

 そのアンケートに答えた若者たちもすでに50歳台である。グレタ・トゥンベリさんの映像を眺めながらどう感じただろうか。知りたいと思う。

続きを読む


時事雑考「臨時国会、野党は足並みをそろえ、しっかり議論を」

◇ 来月4日から臨時国会が始まる。20197月の参議院選挙の結果を受けて、顔ぶれも新たに久しぶりの活発な論戦が期待できそうである。ここ三か月あまり国会は本格的な議論を閉ざしたままであった。官邸の意向はともかく国会は国会として国民の負託にこたえる必要があるのだから、日米、米中、米朝、日韓など外交・環境問題、台風被害、消費税、景気下振れ、金利緩和競争と為替など経済と国民生活、年金など社会保障、幼保無償化など子育て支援、働き方改革など山のように溜まっている内外の課題に対し国会の場で積極的な議論を進めることは当然である。

 ここ数年、議会が官邸の付録の趣を漂わせてきているといった苦言も聞こえてくるが、この手の苦言も毎回聞かされると聞く方もいささかいやになると思うが、倦まずたゆまず言い続けることが大切ではないか。小さなあきらめが積もり積もって民主政治の弱体化をもたらすと思われるので、批判者は勇気をもって続けてほしい。野党に対しても同じ扱いが求められる。これは私を含めてのことである。

続きを読む


複数野党は政権構想を事前に明らかにすべきではないか

近頃の選挙では、有権者は選択を強要されていないか

 今の時代、民主選挙が定着していることから有権者は主体的な投票行動をとっていると考えられているが、実態は政権政党への権力付与を追認する 選挙になっており、形式はともかく内容からいえば十分に自由とも公正ともいえない。

 また、投票は有権者一人ひとりの選択の結果であるから、初めに選択ありと思われている。つまり「選択」という主人公が目の前のいくつかの選択肢を評価し選別するものだと思われているようだが、ここ何回かの選挙を見る限りそうではなく、逆ではないかと思うようになった。つまり、選択肢が選択を強要しているのが真相ではないか、と。分かりやすくいえば、自公を選ばなければあの悪夢の時代に戻ってしまうぞという強迫に近い強要が暗黙の世界から匂ってくる。

続きを読む


米中経済闘争の行きつく先は不毛の荒野か

ただただエスカレートしているが

 米中経済闘争がエスカレートしている。正直なところはた迷惑と思っている国がほとんどだろう。当初、トランプ政権は中国との貿易赤字の解消を目指していたが、知的財産権侵害や技術移転強要あるいは国有企業支援など中国経済の構造にかかわる課題を厳しく指摘していく中で、争いは経済闘争の様相を強め、もともと情報通信などのハイテク分野での技術覇権をめぐる争いが底流にあったことから、終りのない闘いになりつつある。

不安感をあおり、景気に悪影響

 争いの内容が試験問題のように初めから確定されたものであればまだしも、真の狙いが隠されたまま、表面に浮かび上がる時々のターゲットが大きく浮動している状況が、周囲に不安感を生み出し、その不安感が高率の関税応酬による実害を超えて世界景気に悪影響をおよぼしている。

 「何とかなるだろう、両国ともバカではないのだから」と楽観的に受け止めたいが、現実は極めて深刻である。子供でも日々の遊びの中で理解していることだが、それは「状況打開のために対抗策を打つ、これが新たな反撃を呼び起こし事態はさらに悪化する。この悪循環から脱却するためには一度負けなければならない。しかし負けることが戦略的好手であったとしてもそれは政治的敗北につながることから選択できない。ということで双方とも行き着くところまで行かざるを得ないというチキンゲームの不幸(わな)に陥ってしまう」ということで、第一の問題はその「行き着くところ」である。いまそのシナリオをめぐり世界中が作家顔負けの創作活動に没頭しているが、確かなことはほぼ100パーセント悲観シナリオにならざるを得ないことである。第二の問題は、このことが世界経済にとっての強力なブレーキになっていることである。

続きを読む


時に苦みも要る、甘いだけでは切り開けない政治

◇ 山道では足元に気を配りながらうつむきに歩くので、谷に落ちることも石に躓くことも少ない。そのかわり目標とした山を見失い道に迷う。ふもとでは高い山は簡単に遠望できるがひとたび森に入ると木や近くの山に遮られ見えなくなる。

 だからといっていつも上を仰ぎうろうろしていると足元がおろそかになり谷底へ転落してしまう。このように、状況にもよるが遠望を保つことは難しい。

◇ 政治の世界においても同じことがいえる。当面する諸課題をそつなくこなし日々賄っているように見えても何のためにどこに向かっているのかが分からなくなってしまうことがある。つまり、遠望を欠き森に迷うがごとき事象が起こっている。

続きを読む


すれ違う日韓、正面の北朝鮮はずぶとくしたたか

◇ 7月1日経済産業省は「大韓民国向け輸出管理の運用の見直しについて」と題し、同国に対し輸出管理上のカテゴリーの見直し(ホワイト国からの除外手続き開始)と特定品目の包括輸出許可から個別輸出許可への切り替え(7月4日、フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素)を発表した。(8月2日、従来のカテゴリーをABCDの4段階とし、韓国をBとしホワイト国の表現は廃止された)

◇ この発表をうけ、案の定というか日韓のメディアは徴用工問題への対抗措置との位置づけを前提に、まるで米中の関税報復合戦のミニ版のごとく大げさに取り上げたが、その結果「輸出規制問題」空間は大きく膨らんでいった。残念なことにこの歪められた第一印象は減衰することなく逆に増幅拡大され、特に韓国においては「日本からの経済報復にどう対応するべきか」という新たなテーマ設定がおこなわれ、本来の「特定品目とその製造技術の管理」という行政上のテクニカルな課題からは大きく離れた産業破壊とか侵略といった大時代的なテーマにすり替えられていった。これは意図的な曲解をベースに国内の団結強化をはかる政治ショーにほかならない。残念ながら現状は、冷静に問題の解決をはかるという国家間外交のイロハからは到底考えられない事態となっている。特に実務内容については韓国政府として当然把握していると思われることから、問題は分かった上での意図的曲解にあることから、対応策として何らかの話し合いを持つべきだという安易な対応が意味を持たないことは自明ではないか。(過去において、この意図的曲解にどれだけ悩まされてきたことか。)

続きを読む


2019参議院選挙、負けたのはどこだ

◇ 2019参議院選挙が終わり、暑い夏が始まった。自民は単独過半数に達せず、公明依存が続く。また、三分の二の影響議席の確保は果たせず、改憲論議のすすめ方は変更されるようだが、もともと本気で改憲発議を考えていたのか疑問である。いつもながらとってつけたような「憲法改正」論に、作り置きのポテサラを毎回出すなよと定食屋で愚痴るシーンが連想される。

 自公は「圧勝とはいえないが大勝である」ともいえるが、大勝したのは公明であろう。与党内での存在感、発言力は復旧し、ややこしい改憲論議がソフト化する見通しが強まったことから、気持ちも楽になったのではないか。しかし、投票率と逆相関にあるとは悲しい現実である。

続きを読む


原子力発電あれこれ

原発をめぐる議論の停滞

 原子力発電(原発)をめぐる議論が停滞している。原発推進についてはいくつかの立場があり、それぞれに正当性を裏づける論があるのだが、なかなか折りあわない。議論を交わせばかわすほど発散し、気持ちも離れていく。どうせ発散するのだからという思いが停滞をもたらせているのかもしれない。また、当然のことではあるがその時の取り巻く情勢から強い影響を受けている。

 たとえば、1986年のチェルノブイリ原発事故発生によって、当時の全日本民間労働組合協議会(全民労協)の活動方針討議において「初めて原子力発電について触れる」というもくろみが頓挫し、議論はふりだしに戻った。当時の事務局(後に連合会長に就いた故笹森清氏ほか)は方式や炉の構造の違いとかさまざまな説明を試みたが、けっきょく反対派を説得できなかった。そのぐらい事故の影響は強烈であった。情勢が議論を制した典型例であろう。

 また、原発をめぐる議論には反核運動の影響が顕著で、エネルギー政策の議論に限定してもいつの間にか反核がしみ出していた。

続きを読む


時事雑考「悪夢ではない現実だった (リーマン・ショック、地震、津波、原発事故)」

◇ 「悪夢のような」という表現がお好きな方がいる。「悪夢のような」と「悪夢」は違う。悪夢であればうなされるだけで、覚めればなんてことはない。だから、民主党政権を支えた立場でいえば、正直なところ悪夢であって欲しかった。その一つは、リーマン・ショックによる景気の急激な減速であり、二つは、東日本大震災と原発事故である。夢なら早く覚めてほしいが、残念ながらそれらは現実であった。

続きを読む


1  2  3